ホンダ N-BOX(1)
HONDA N-BOX

これが“軽“か!と思わせるほどの静かさと乗り心地 

静かだ。加速もいい。これらの美点は自然吸気エンジンでもほとんど変わらない。驚き!

最初はソフトだが最後はしっかり踏ん張る、微妙なサス・セッティング。乗り心地がいい。

乗ると誰でもよくわかるベストセラー「軽」である理由。作りも、走りも、装備も隙が無い。


インテリアの質感はカスタムG・EXが群を抜く。コンパクトカーに迫る勢い。ちょっと高いけど。

ラクにたっぷり。低い床のおかげで荷物の出し入れも簡単。助手席スーパースライドも便利だ。

自然吸気のi-VTECと電動ウエイスとゲート付きターボは軽初。前後誤発進抑制機能も装備。


※画像クリックで拡大表示します。

 2011年12月に発売されて以来、存在感あふれるスタイリングや使い勝手の良さなどからたちまち人気モデルへ成長したN-BOXが、このたびフルモデルチェンジを受けた。
 2世代目となる新型は、パワートレインからプラットフォームまでが一新され、軽自動車ながらファーストカーでも十分に通用するクオリティに仕上げられていた。その詳細についてレポートしたい。
 N-BOXは標準モデルとカスタムモデルの2本立てだが、エクステリアに関しては、標準モデルはキープコンセプトでカスタムモデルはより押し出し感の強いデザインへと生まれ変わった。新たに採用されたランプ類のLED化やルーフサイドのレーザーブレース溶接も、洗練さと上質さを高めるのに一役買っている。
 インテリアでは、両モデルともに高級感と使い勝手がさらに向上。かゆいところに手が届く収納に加え、インパネやスイッチ類の仕上げなどはコンパクトカーをしのぐほど。ステアリングホイール上部から視認できるアウトホイールメーターは、視認性とN-BOXならではの開放感を両立。570㎜もの助手席スライド量を実現したスーパースライドシート仕様もフレキシブルに活用でき、子育て世代では特に活躍するだろう。
 エンジンは新骨格のロングストロークタイプで、NA仕様にはホンダ自慢のi-VTECを、ターボ仕様には電動ウェイストゲートバルブを軽自動車として初採用。ともに十分な動力性能とアクセルワークに対してのリニアな加速感が好印象だった。これは、自社開発のCVTとの協調制御も大きく貢献していると思われる。
コンパクトカーもうかうかしていられないよ
 新型で特に驚かされたのは、静粛性と乗り心地の良さ。新たに採用されたエンジンマウントや効果的に配置された防音材などにより、加速時のエンジン音やロードノイズがよく抑えられていて、軽自動車にありがちな安っぽさをほとんど感じさせない。全面的に改良されたサスペンションシステムがもたらす上質な乗り心地と正確なハンドリングも、コンパクトカーを上回るほどの仕上がりだった。
 安全運転支援システムのホンダセンシングが、全車に標準装備されたことにも注目したい。しかも、後方誤発進抑制機能やオートハイビームが追加された最新バージョンだから、ここでもフィットなどのコンパクトカーを凌駕したことになる。さらにタイプ別でサイド&カーテンエアバックも標準装備されるから、衝突安全面についてもクラストップレベルといえるだろう。
 発売から約1カ月で既に5万2000台もの累計受注台数を記録している新型N-BOX。来年の春にはスロープ仕様モデルも発売される予定だから、今後さらに販売台数を増やすと思われるが、コンパクトカークラスの巻き返しにも期待したい。
報告:小堀和則
写真:怒谷彰久

<小堀 和則> 最終更新:2017/10/24