BMW M850i xDrive クーペ
BMW M850i xDrive COUPE

ひたすら平身低頭。その性能、その価格

 「THE 8」と呼ぶ。BMWクーペの最上級ラグジュアリースポーツである。その実体は8シリーズのMモデルだ。0-100km/h加速は3.7秒! 尋常ではない。
 エンジンは新開発の4.4リッターV8。最高出力は先代比で50kWも多い390kW(530ps)、最大トルクは750Nm。このMパフォーマンス・ツインタワー・ターボは出力だけでなく、フラップ制御式スポーツエキゾースト・システムによって極めて官能的なエキゾーストノートを発することもできるという。優雅なロングドライブからニュルブルクリンクを始めとするサーキット走行を通じて徹底的に鍛え上げられた。
 サスペンションはアダプティブMサスペンション・プロフェッショナル。従来のダンパーに加えて電子制御のアクティブ・スタビライザーを装着して、高速コーナリングでも快適なクルージングでも最適のロール特性を確保。つまり、俊敏性、快適性ともにしっかり対応する。
 全長4855弌∩管1900个侶茲靴鴇さくはないボディだが、最小半径は5.2mと小回りが利く。車線変更にも不安はないとか。これはインテグレイテッド・アダプティブ・ステアリングと呼ばれる前後輪統合制御によるところも大きい。駆動方式はxDriveの名のとおり4輪駆動だ。
 日々刻々と進化する運転支援システムはもちろん最先端を採用する。目新しいのは「リバース・アシスト」機能が採用されたパーキング・アシストだ。これにより、クルマが直前に前進したルートを最大50mにわたって記憶し、同じルートをバックで正確に戻ることができる。この機能を使えば細い路地に迷い込んだ際にも安全に元のルート戻れる。
 また「BMW Operating System 7.0」も新しい。これは、10.25インチのコントロール・ディスプレイと12.3インチのフル・デジタル・メーターパネルをそれぞれ自分用にカスタマイズできる機能だ。とくに新たに装備された12.3インチ・フル・デジタル・メーターパネルではスピードとタコメーターの間にナビゲーション・マップの一部を表示できるようになった。ステアリング位置は左右ある。
 消費税込み希望小売価格は1714万円。性能も価格も平身低頭させられる。
 ちなみに、来年の中頃にはX7シリーズが導入されるという。

報告:神谷龍彦
写真:怒谷彰久

1990年から1999年まで販売された8シリーズ・クーペ(850i〜)の久々の復活である。

THE 8はフロントグリルのデザインが薄く横に長くなった。先代8シリーズはリトラクタブル。

リアの造形はよく見るとかなり複雑だが、横長のすっきりした印象を与えるように工夫されている。

クーペスタイルだがトランクスペースは奥に深い。容量は420リッター。けっこう使えそうだ。

4.4リッターV8ツインパワーターボの390kW(530ps)&750Nmのパフォーマンスは圧倒的だ。

リアシートはこんな具合。お世辞にも広いとは言えない。贅沢とは何かをあきらめることかも。


最終更新日:2018/11/21