スバル レガシイ アウトバック2.5XT

新パワーユニット搭載で熟成度アップ!!

堤 長則



※画像クリックで拡大表示します。

 スバル発売五十周年を記念して、レガシィ アウトバック 2.5 X T [価格3470250円]が追加設定し発売する。「インターナショナル・エンジン。オブ・ザ・イャー2008」の部門賞を受賞した2.5L水平対向4気筒DOHCターボエンジンは、レガシィの国内モデル初の採用。全域での充填効率を上げ、燃焼室内に渦を発生させるTGV( タンブルジェネレーティドバルブ)冷態時の排ガス低減を図る2次エアシステムを採用。出力と然費を確保しながら豊かなトルクにより、余裕の加速性能を実現させた。また、ドライバーが任意で3つの走行特性を選ぶことができるSI-DRIVEを搭載し、ブレーキをフロント17インチ、リア15インチのベンチレーティッドデスクにするなどしている。アウトバック標準車に対し、車高を2.5mm抑え専用チューニングを施したサスペンションや、ヨコハマコンチネンタル社製のサマータイヤの採用で、ノーマル車よりしっかり感と深みのある乗り味になっている。車両挙動安定装置VDC(ビークルダイナミックスコントロール) や、その他キーレスアクセス&プッシュスタート機能、クルーズコントロールを標準装備。ポップアップ式ヘ ッドランプウォッシャーを内臓したバイキセノンヘッドライプやシートポジションメモリー機能付き8ウェイパワーシート、助手席も8ウェイパワーシートと豪華装備になっている。「 2.5 X T Eye Sight 」[ 価格 3680250円] は、新型ステレオカメラと新開発3D画像処理エンジンの採用で歩行者と自転車をも対象とした優れたプリクラシュセーフティを実現する世界初の運転支援システムや「プリクラッシュブレーキ」「AT 誤発進抑制制御」「全車速追従機能付きクルーズコントロール」「先行車発進お知らせ機能」「車線逸脱警報」「ふらつき警報」など至れり尽せりの運転負荷軽減機能を満載している。今回、伊豆スカイラインでの試乗であったが、パワーは、必要にして十分、低速からの厚いトルクとやや重めになったパワーステアリングと小口径のステアリングが絶妙のバランスで路面からの情報を伝えてくれる。スポーツシフト付き5速ATもタイムラグが少なくなった感じがした。市街地や峠道と場所を選ばない大人の楽しい車に仕上がっていると思う。しかし、ワインティングでアウト・イン・アウトのライン取りをするとふらつき警報装置(スイッチで消せる) がしっかり警報音を鳴らしてくれるのでそれなりにうるさい。豊かな 低速トルクで気持ち良い加速と、スバルらしい絶妙なハンドリングで、ひとク ラス上の大人の上質なツーリングワゴンに仕上がっている。

<堤 長則> 最終更新:2010/04/23