三菱 RVR
MITSUBISHI RVR

やはり名車だった「ミツビシRVR」



※画像クリックで拡大表示します。

 1991年、初代モデルが発表された「三菱RVR」。その後、2代目モデル末期の2002年に生産が打ち切られたが、8年後の2010年にふたたびコンパクトクロスオーバーSUVとして3代目RVRは甦った。
以来、地道だが着実に改良を重ね、昨年2月に3度目のマイナーチェンジ。この時フロントマスクのデザインの一新や各種の安全装置(e-Assist)が装備され、特別仕様車「ACTIVE GEAR」が追加された。が、国内販売はさほど振るわず2000台強にとどまっているがグローバル販売では三菱最量販車種の1台(155000台の実績)として、全世界で高い評価を得ている
 エンジンは1800佞離ソリンエンジンのみだが、走り出して直ぐに気付くのはその静粛性。ハンドリングの感覚や乗り心地もSUVと言うよりは乗用車感覚。駆動方式もスイッチ一つで2WD→4WDオート→4WDロックに切り替えられるし、フロントシートにはシートヒーターまで用意されているので、寒冷地走行でも安心だ。
 このRVRで、雪の山形・蔵王温泉までのロングドライブ。1800佞離ソリンエンジンなので燃費が少々気になったが、蔵王温泉に着いて燃費計を見ると針はまだ半分のところ。
詳細に記すと、町田→R17→R16→R4バイパス庄和ICまでの市街地85劼10.1/L、R4庄和IC→矢板73甸屬13.9/L、矢板→那須高原55甸屬12.7/L、那須高原→福島90劼14.7/L、福島、米沢→蔵王温泉間の98劼10.9/L。また高速道路の80km/h(1400rpm)が18.1/L燃費だ。
報告:井口駿吾

<井口 駿吾> 最終更新:2018/03/25